ドル下落、米大統領が年内あと2回の利上げに懸念との報道で

ロイター

[20日 ロイター] - トランプ米大統領が連邦準備理事会(FRB)が年内あと2回の利上げを実施すると懸念していると伝わったこと受け、20日午後の取引でドルが対円で約1週間ぶり安値を付けた。

主要6通貨に対するドル指数も下落し、午後の取引で0.8%安の94.389となっている。

CNBCはホワイトハウス当局者の話として、トランプ大統領がFRBが年内あと2回の利上げを実施すると懸念していると報じた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

出発:

到着:

日付:

時間: