トルコ貿易相、米大統領に関税巡る交渉を呼び掛け

(ロイター)

[イスタンブール 10日 ロイター] - トルコのペクジャン貿易相は10日、通商問題を巡る見解の相違は対話を通して解決する必要があるとし、米国のトランプ大統領に対し関税措置を巡り交渉の場に戻るよう呼び掛けた。

トランプ米大統領はこの日、トルコからの輸入関税について、アルミニウムを20%、鉄鋼を50%に引き上げることを承認したと表明。ペクジャン貿易相は声明で「米国が関税措置の根拠として挙げている事項のすべてがトルコには当てはまらないとこれまでに何度も米政権に伝えようとしたが、これまでのところ成果は見られていない」とした。

そのうえで「トランプ大統領に交渉の場に戻ることを呼び掛けたい。こうしたことは対話と協力を通して解決できる」との考えを示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

出発:

到着:

日付:

時間: