米テスラのマスク氏、会長とCEOの兼任やめる計画なし=NYT

(ロイター)

米テスラのマスク氏、会長とCEOの兼任やめる計画なし=NYTの記事画像

8月16日、米電気自動車(EV)メーカー大手テスラのマスク会長兼最高経営責任者(CEO、写真)は、ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙とのインタビューで、会長とCEOの兼任をやめる計画はないと述べた。都内で2014年9月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[17日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー大手テスラ<TSLA.O>のマスク会長兼最高経営責任者(CEO)は16日、ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙とのインタビューで、会長とCEOの兼任をやめる計画はないと述べた。

同紙によると、テスラの株式非公開化計画を巡るツイッターへの投稿が問題視されているマスク氏は、同投稿について透明化を図る試みだったと考えていると説明。投稿前に誰も内容を確認しなかったという。

マスク氏は今月7日、ツイッターへの投稿で「1株当たり420ドルでテスラの株式を非公開化することを検討中だ。資金は確保した」と述べた。

また13日には、サウジアラビアの政府系ファンド(SWF)が2年ほど前からテスラの非公開化を巡り複数回にわたり支援を申し出ていたことや、同ファンドと他の投資家との協議が継続中であることをブログで明らかにした。

NYT紙が事情に詳しい複数の関係筋の話として伝えたところによると、マスク氏が経営する宇宙開発ベンチャー企業のスペースXが非公開化計画に対して資金援助し、株式を保有することも検討されている。

マスク氏はスペースXの支配株主でCEOも務めている。

報道に関するテスラとスペースXのコメントはこれまでのところ得られていない。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

出発:

到着:

日付:

時間:

test