ECBの政策ガイダンス、いずれ調整が必要=プラート専務理事

(ロイター)

[フランクフルト 14日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は、現在の政策ガイダンスはいずれ効果を失うため、一段と具体的にする必要があるとの見解を示した。

同理事は、政策金利は資産買い入れ終了後も十分に現在の水準にとどまるとのガイダンスについて、金融政策スタンスの今後の可能性を示すガイダンスとしては時間の経過とともに徐々に不十分になると指摘。

その上で、インフレ水準が中期的に2%近くになるための持続的調整のうえで適切となるよう、「金利政策の道筋を示すフォワードガイダンスは一段と具体的かつ調整されたものになることが必要」と述べた。

出発:

到着:

日付:

時間: