クリーク・アンド・リバー社<4763>のフィスコ二期業績予想

Fisco News

※この業績予想は2017年5月8日に執筆されたものです。最新の決算情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

クリーク・アンド・リバー社<4763>

3ヶ月後
予想株価
1,100円

テレビ番組や映画などを制作するクリエイターの派遣・紹介が主力。スタジオの中でノウハウを貯めて制作技術を向上させる施策が奏功、請負事業が伸長した他、スタジオ拡張で売上総利益率も上昇。17.2期は増収増益。

クリエイティブ分野における請負事業などの堅調な推移を見込んでいる。JURISTERRA・プロフェッショナルメディア・VRJapanでは収益貢献に期待している。株価は26週線上を堅調に引き続き推移しよう。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.2期連/F予/26,500/1,850/1,800/1,050/50.46/11.00
19.2期連/F予/27,000/1,900/1,850/1,100/52.86/12.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/05/08
執筆者:雲宮祥士


<FA>

出発:

到着:

日付:

時間: