一戸建ての防犯は窓、マンションは玄関を守れ。やっておきたい空き巣の対策リフォーム

LIFULL HOME'S PRESS

一戸建ての防犯は窓、マンションは玄関を守れ。やっておきたい空き巣の対策リフォームの記事画像

住居内でも様々な犯罪が発生、侵入経路として多い窓や玄関をどう守るか


家の中は基本的に安全地帯と思いがちだが、実際は様々な犯罪が発生している。法務省の研究部報告によると、侵入窃盗事案の約6割が、強姦事案の約5割が住居内で起きている。防犯対策で最初に考えたいのは、とにかく家に侵入されないこと、これに尽きる。

住居への侵入事案で最も多いのは空き巣だ。空き巣の被害は金品だけにとどまらない。夜も眠れず引っ越しを余儀なくされる程の恐怖にさいなまれる人、大切な遺品を盗られて悲しむ人、鉢合わせをしてしまえば命の危険もある。

侵入経路は、一戸建ての場合は圧倒的に窓からが多く、中・高層住宅の場合は施錠開け、つまりピッキング被害が目立つ。また一戸建てマンション共に多いのが、無施錠の開口部から堂々と侵入されたケースだ。これら侵入窃盗被害の実態については「空き巣に入られる前に、知っておきたい被害の実態。防犯リフォーム相談事例」でご紹介しているのでご覧頂ければ幸いである。

さて今回は、侵入経路として多い窓や玄関の防犯対策リフォーム、そして侵入者への抑制効果を発揮する住宅設備などをご紹介しよう。

まず一戸建てで多い窓からの侵入だが、中でも多いのがガラス破りによるものだ。ガラス破りとは、窓ガラスを小さく割ってそこから手を入れ、鍵を開けて侵入する手口のことを言う。以前、このガラス破りの実験に立ち合ったことがあるが、普通ガラスの場合、30秒も掛からず音も無く簡単に開いてしまった。

窓は住まいの中に光と風を取り入れる大切な部位だが、その分断熱や防犯面で弱点になりやすく、しっかりとした対策を施しておくことが必要となる。その際、防犯のキーワードになるのが、侵入に要する「時間」である。


一戸建てで多い窓からの侵入、ガラス破りが目立つ



空き巣は5分掛かると7割が諦める、窓の防犯対策は数分をかせぐ工夫が大事


警察庁の侵入者プロファイリングによると、侵入に際し、5分かかると7割が諦め、10分以上かかるとほとんどが諦めるとしている。つまり窓の防犯対策は、開けるのに要する時間を5分~10分程度、稼ぐ工夫をしておけばいいということになる。

この時間稼ぎに効果が高いのが、防犯ガラスへの交換だ。防犯ガラスとは、2枚ガラスの間に強靭な膜を挟み込み、ガラス破りに抵抗力を発揮する特殊な構造をしている。また万が一割れても破片が飛散しにくいため、空き巣対策に効果があるだけでなく、台風や竜巻、地震などの災害時にも安全性が高まる。

防犯ガラスには性能レベルがあり、間に挟んである膜が厚く丈夫なほど、打ち破りへの抵抗力が大きくなる。また万が一破られて空き巣に侵入された場合、お見舞金が出る制度がついている製品もある。

エコガラスと呼ばれる断熱・遮熱性能が高いLow-E複層ガラスに防犯性能を加えた多機能ガラスもあり、それを使えば断熱性と防犯性を同時に向上させることができる。ただしこれらのガラスは一定以上の厚みがあるため、取り付けできないサッシもあるので注意が必要だ。

手ごろな対策では、今あるガラスに防犯フィルムを張る方法がある。その際、市販品を自分で張るのはかなり手間がかかり、正しく性能を発揮させるのはなかなか難しい。できれば専門の会社に依頼し、適切な工事を行ってもらうようにすることをお勧めする。

小さな窓には面格子を頑強に取り付け、簡単に取り外せないようにしておきたい。こんな小さな窓からどうやって入ったのかと思うような、2階のトイレの窓から侵入されたケースもあるので油断は禁物だ。

また1ドア2ロックの原則は窓も同じ、補助鍵を取り付けておくのも効果がある。特に古いサッシはガタガタと揺らすだけでクレセント錠と呼ばれる真ん中に取り付けられた鍵が開いてしまうことがあるので、ガタツキを減らすようサッシの調整を行い、クレセント錠は新しい物に交換、加えて補助鍵を取り付けておくといいだろう。


侵入をあきらめる時間。10分掛かると9割以上があきらめる(警察庁による侵入者プロファイリングを参照して作成)



玄関ドアは短時間でも必ず施錠、1ドア2ロックの基本+ガードプレート


玄関ドアの防犯対策の基本は、まずは短い時間であっても必ず施錠する習慣を付けておくことにある。無施錠の玄関から堂々と入ってくる侵入窃盗犯は少なくない。鉢合わせを避けるためにも、まめに鍵を掛けることが肝心だ。

ピッキングに関しては、2003年に特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律が施行され、ピッキングに使う道具の所持の制限や、玄関や建物の出入り口の錠には防犯性能の表示が必要になった。それに伴い新しい玄関錠の性能は飛躍的に向上しているが、古いタイプは本当に簡単に開いてしまうものが多いため、できるだけ早く交換しておくことをお勧めする。また開口部は1ドア2ロックの基本を守り、補助錠の取り付けも忘れずにしておこう。

また、古い玄関ドアの場合、ラッチボルトと呼ばれるベロのような部分や、デッドボルトと呼ばれる鍵のかんぬき部分が、ドアと枠の隙間から丸見えになっていることがある。このスキマに工具を差し込んでこじ開けるのが、こじ破りと呼ばれる手口で、被害後の現場に立ち合ったことがあるが、ドアは歪み鍵は完全に壊されていた。

そんな時は、ガードプレートと呼ばれる、ドアと枠の隙間をふさいで外から鍵部を見えにくくする板を取り付けることで防犯効果が高まる。サイズは長さ30cm幅5cmほどの金属製のプレートで、ドライバー1本で自分で簡単に取り付けできる。

しかしながら、絶対に開けられない鍵やドアは存在しないと言われている。玄関も窓と同じく時間を稼ぐための工夫を考えるといいだろう。


ガードプレートがついた玄関ドア。こじ開け防止に効果あり



ピンポンダッシュは留守確認の可能性、玄関の防犯対策は「見える」が鍵


空き巣は人に見られることを極端に嫌うため、玄関まわりの防犯対策の鍵は「見える」ことにある。以前、何軒か芸能人のお宅訪問という番組に出演したことがあるのだが、玄関の周辺を高い壁で囲って外から完全に見えないようにしている家が多かった。もちろん24時間防犯カメラで録画することで対策をしているわけだが、職業柄仕方がないこととは言え、侵入窃盗犯が作業がしやすい作りになっているのが気になった。

できれば玄関周辺は道路から死角にならないよう、木が生い茂っている場合は刈り込むなどしてオープンな作りにしておくほうが、空き巣への抑制効果を発揮する。また玄関にカメラ付きインターホンを付ける、勝手口周辺に人感センサーライトを付けておくなども効果がある。特に最近のカメラ付きインターホンは広角な上に録画機能があり、これが空き巣対策に役立っている。

前出の警察庁の侵入者プロファイリングによると、侵入者は事前に下見を行っていることが多く、その際にはインターホンを鳴らして留守かどうかを確認しているというデータがある。ピンポンと鳴って出てみたら誰もいなかったということがあったら、子どものピンポンダッシュのいたずらではなく、空き巣の留守確認の可能性があるということだ。

カメラ付きインターホンが設置されていれば、このような確認作業を自動で録画しておくことができる。以前、空き巣を繰り返していた中学生グループが留守を確認するのにインターホンを使っていたため、録画機能で犯行が明るみに出て警察につかまったという事件があった。また埼玉でも同じ方法によって連続空き巣事件の容疑者が逮捕されている。(※1)

カメラ付きインターホンの取り付けは、現在インターホンが付いていれば配線はそのまま、器具だけの交換が可能だ。また最近では、賃貸住宅でも設置可能なワイヤレスタイプや、スマホと連動した簡易取り付けタイプのカメラもあるので上手に利用したい。
(※1:アイホン株式会社発行アイホンNEWSより)


留守の確認方法ではインターホンで呼ぶが一番多い((財)都市防犯研究センターJUSRIリポートより)



外から見て留守だとわからないようにする設備や、宅配ボックスも役立つ


外から見て留守かどうかをわかりにくくしておくことも大切だ。旅行や出張などで長期間留守にする際、窓に取り付けた電動シャッターのタイマーを使って、朝になると自動で開き、夜になると自動で閉まるように設定、居留守の反対の留守居とでも言うのだろうか。居るふりをすることで空き巣を抑制するという方法がある。同じような手法として、夕方になるとタイマーでリビングの照明やテレビのスイッチが自動で入るようにするなどの方法もある。

その他ポストは大きめにして、長期不在の際にも新聞や郵便物が溢れないようにしておくことも大切だ。再配達の手間を省くということで今注目の宅配ボックスも、子どもや女性が一人で家に居る場合、受け取りに出ないで済むので安心していられる。

一戸建て用の宅配ボックスは、電気工事が不要の簡易タイプの他に、センサーで荷物を感知しないと捺印ができない本格派タイプまで様々あるので予算や目的に合わせて選びたい。サイズも色々あるので、普段受け取ることが多い荷物のサイズに合わせて選ぶといいだろう。

場合によりホームセキュリティを導入することも考えたい。最近では、防犯対策に加えて高齢者や子供がひとりで留守番している間の見守りサービスなども揃っているので、組み合わせることで暮らしの安全性が更に高まる。

何より住まいの防犯対策で大切なことは、被害に遭う前にやっておくことにある。筆者が呼ばれるのはいつも被害に遭ってしまった後の現場だった。そしてそれからはじめて防犯について考える人が少なくない。この記事を読んで下さった皆様が、これをキッカケに防犯対策に取り組んで下されば幸いである。


電源工事不要の簡易タイプの宅配ボックス<BR>上はカメラ付きインタホンと一体化した大型ポスト



[関連記事]
空き巣に入られる前に、知っておきたい被害の実態。防犯リフォーム相談事例
他人が無断で自宅に入ってきたら……。警視庁が勧める侵入犯罪対策
あなたの家の防犯度は? 空き巣被害にあいにくい住宅の条件と対策
知ってるようで知らないインターホン。最新トレンド事情を探る
防犯対策を考えるなら…物件選びの一つの選択肢「防犯優良マンション制度」とは?

出発:

到着:

日付:

時間:

test