えびす講はご利益が多いありがたい祭り、軍服で釣り竿と鯛を持つえびす様の秘密

LIFULL HOME'S PRESS

えびす講はご利益が多いありがたい祭り、軍服で釣り竿と鯛を持つえびす様の秘密の記事画像

えびす講は、神無月の留守番役「えびす様」にご利益を願う祭事


毎年、神無月の20日、つまり10月もしくは11月の20日になると、各地の神社でえびす講が行われる。えびす講は、商売繁盛・大漁祈願・五穀豊穣と、どんな職業の人にもまんべんなくご利益があると言う大変ありがたい祭りで、屋台で縁起物が売られ、神輿が担がれたり、花火が上げられたり、近隣の商店が一斉にセールを行うなど、にぎやかに執り行われる。

えびす講はその名の通り「えびす様」信仰に基づくものだ。本来、神無月は全国各地の神様が会議を行うために出雲に参集して不在になるのだが、えびす様だけは留守番役として残るので、そのえびす様にお参りしてご利益を願うという祭事である。その際には、縁起物が飾られた熊手や笹などを買って帰るといったような風習がある。

関西ではえびす様のお祭りと言うと、正月の十日に行う「十日えびす」が有名だが、関東や中国地方では神無月の二十日にえびす講がよく行われている。また、熊手の縁起物があることから、年末の風物詩である酉の市と混同されることもあるが、これはえびす講とはまた違うものである。酉の市が立つ鷲神社の祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)で、ご利益は武運長久と商売繁盛であり、えびす様のほうがはるかに守備範囲が広い。

とにもかくにもえびす様は、盛大にご利益をもたらす神様なのである。七福神と呼ばれる福の神たちのリーダー的存在であり、商業、漁業、農業の全てを司るマルチな才能を持った神様は他にはなかなか居ない。以前「鬼門との正しい付き合い方、日本人が恐れる鬼の正体とは」でご紹介したが、日本の神様は力が強く霊験あらたかであればあるほど祟りが怖い。えびす様もこれだけご利益が盛大ならさぞや祟りも凄まじく、とてつもない力を持った神様なのだろうと思うのだが、実はその正体ははっきりしていない。

えびす様が日本の歴史に初めて現れるのは平安時代末期である。「色葉字類抄」という古辞書に「夷毘沙門三郎殿不動明王」として登場する。しかしその正体は不明で、それ以降も様々な書物に登場はするが、名前を表す文字は、夷、戎、蛭子、蝦夷、恵比寿、恵比須、恵美須と、いずれも音は「エビス」だが、時代や土地によって異なり、またその文字が意味するものも、それぞれ大きく隔たりがある。

だいたい、えびす様はなぜ出雲の神様の会議に出席しないのか、そしてなぜこれほど多様な文字で表されているのか。またなぜこれだけ盛大なご利益があるのか。今回は、えびす講をより楽しむために、また更なるご利益を願って、少しだけえびす様の秘密に迫ってみよう。

まずはえびす様の属性を整理しておこう。大きく以下の5つの特徴がある。

①七福神のメンバーである
②授ける福の守備範囲が商業・漁業・農業と幅広い
③持ち物は鯛と釣竿
④装束は風折烏帽子に狩衣
⑤出雲で行われる全体会議には出席しない

これらが一般的に知られている共通項と思われる。そこでまずは、①七福神のメンバーであるというところから考察していこう。


長野えびす講煙火大会が、今年は11月23日に行われる。江戸時代に遊客を誘うために遊女屋が始めたのが起こりで、明治32年から続く老舗の花火大会である



七福神は宣伝用のパッケージ、多岐に渡ってご利益があるえびす様は合体神?


えびす様は七福神のメンバーの中心的存在である。では七福神とはどんな神か。七福神は鎌倉時代から室町時代に掛けて徐々に成立したものであり、名前からして深い意味を持った精鋭軍団のようにも思えるが、実は宗教の布教上の方便のために、「仁王般若経」というお経の一節「七難即滅、七福即生」に当てはめて、ご利益がありそうな神様や仏様を集めて、宣伝用にパッケージにしたものである。

構成メンバーも適当に選ばれたのではと思われる節があり、例えば出身母体別に見ても、えびす様は日本の神道から、大黒天・毘沙門天・弁財天の三柱はヒンドゥ教から、福緑寿・寿老人の二柱は道教から、布袋の一柱は仏教から選ばれている。しかも道教からの寿老人と福禄寿は、どちらもその本体は南極老人で同一神のため、実際は六柱しか存在せず、そもそも七福神ですらない。

また福神の存在自体、疑問符がつけられる。と言うのも、福神の霊験は、俗世的な利得、繁盛や大漁、豊作、儲かると言ったような実利であり、これは宗教が説く精神的な救済と対極に位置するからである。

しかしながら七福神は大衆に広く受け入れられ、江戸の天明年間には正月の七福神詣が大流行するなど、民衆は七福神を愛し、その中心的存在であるえびす様をより強く信仰するようになっていった。

さて、七福神そのものにはそれほど意味がないことがわかったが、えびす様自体はどんな神様なのだろうか。これは、②授ける福の守備範囲が商業・漁業・農業と幅広いことについて考察していくと、おぼろげながらにその正体が見えてくる。

日本の神様には、渡来系、龍神系、天狗系、稲荷系など、いくつかの系統があり、特性によりそれぞれご利益がおおよそ系統づけられている。一つの神社で複数のご利益がある場合は、祭神が複数柱祀られている。

えびす様は一柱でありながら、あまりに多岐にわたってご利益があるため、本筋が見えにくい状態にある。しかしそのご利益が複数の系統にまたがっていることから、いくつかの神様の合体神ではないかと推察される。えびす様の正体として候補として上がっている神様には、少彦名(すくなびこな)、蛭子(ひるこ)、事代主(ことしろぬし)、火遠理命(ほおりのみこと)の四柱がある。

少彦名神は日本書紀に登場、天乃羅摩船に乗って海の彼方より来訪し、大国主の国造りに協力する知恵の神徳を持った渡来神である。えびす様の候補の一柱に少彦名神が挙げられる理由には、名前を表す文字に「戎」と「夷」が使われていることがある。「戎」と「夷」は、中国の一部地域に住む民族の名称を表し、日本では外国人を意味しているからだ。少彦名神は知恵が素晴らしい神様だから商売繁盛なんてお手の物、ということで、えびす様のご利益その1.商売繁盛の属性はここから生まれたとされる。

次に蛭子であるが、これはえびす様を表す文字のひとつである「蝦夷」と同じ属性にある。古事記の国産神話に登場する神の子として認めてもらえなかった蛭子という存在と、大和朝廷への同化を拒否した北方の少数民族を指す言葉から、異端や疎外を表し、それが⑤出雲で行われる全体会議には出席しない留守番神という属性へと繋がっていった。

ちなみに恵比寿・恵比須・恵美須という文字で表すようになったのは、近世以降である。前出のえびす様を表す文字が、必ずしも縁起が良いとは言い難いものであるため、おめでたい意味の文字で書き換えがなされたと考えられる。


江戸時代に大流行した七福神巡り。市中いたるところに戎様や弁天様が祀られていた



軍服で釣り竿を持つえびす様、もうひとつの顔は火焔を背負う不動明王


さて、えびす様の本体とされる四柱の神の3番目、事代主神は、国譲り神話で登場する大国主神(おおくにぬしのみこと)の子供神である。大国主神がタケミカヅチから国を譲れと迫られた際、海に出て釣りをしている息子の事代主がその返事をすると答え、事代主は「承知した」と答えて国譲りが成立する。釣りをする神ということから漁業に関する福神とみなされている。

また事代主は「言葉を知る」という意味があり、宣託を司る神でもある。古事記には一言主神と言う神が登場するが、この神も宣託をする属性を持つため、事代主と一言主神は同一視されている。実はこれはとても珍しいことで、事代主神は出雲系の海にまつわる神、一言主神は大和系の土地にまつわる神であり、本来同一視されることは無い。この珍しい状況が、えびす様が持つ複合性と重なるとして、正体の候補として挙げられている。

加えて、田の神という土地神属性が追加されることで、竃神(かまどかみ)とも関係付けがなされる。竃神とは、陰陽道の土公神(どこうじん)のことで、つまり大地の神、土を司る神であり、農業や家畜、ひいては家族を守護すると信じられた。竃神については「京都五山の送り火 お盆のラストを飾る炎の大イベントにこめられた願いとは」でも取り上げたが、日本古来から存在する火炎信仰の神で、動座しない、つまりその場から動かないという特徴を持っている。このことで、出雲に行かずに留守番をしているえびす様と同一視され、一部地域のえびす講では竃神を祭神として行われている。

えびす様と火の神の深いかかわりについては、恵比寿神社の祭神の名前として、平安時代末期の「色葉字類抄」には「夷毘沙門三郎殿不動明王」、鎌倉時代の「諸社禁忌」には「衣毘須不動三郎殿毘沙門」と記述されていることからも読み取れる。不動明王とは火に関係の深い仏で、炎を背負った仏像の姿をご存知の方も多いことだろう。

もうひとつ毘沙門とのつながりもここで見てとれる。不動明王や毘沙門天は、いずれも悪鬼調伏、戦いを意味する守護天である。えびす様の衣装は④風折烏帽子に狩衣、これは実は武官の装束、つまり軍服である。軍服に身を包みながら、剣ではなく釣り竿を持つ。えびす様は何とも特異な存在なのである。


東京のえびす講は10月20日頃に行われる。日本橋や恵比寿でべったら市が行われ、多くの屋台が出て夜の帳をおめでたく染めている



えびす様の鯛は山幸彦の鯛?様々な神格を併せ持った神威の集合体


では、えびす様の本体とされる最後の神、火遠理命である。火遠理命とは、日本神話に登場する山幸彦である。

古事記に登場する海幸彦・山幸彦兄弟は、日子番能邇邇芸命(ひこほのににぎのみこと)と木花佐久夜毘売(このはなさくやひめ)の間に生まれた。しかし、夫神に自分の子供ではないと疑われたことに憤った妻神は産屋へ火を放ち、その火中で出産したのがこの兄弟である。兄弟の本名は、兄海幸彦は「火照命(ほでりのみこと)」、弟山幸彦は「火遠理命(ほおりのみこと)」と言う。

なぜ山幸彦がえびす様に繋がるのか。その答えは海幸彦・山幸彦の物語の中にある。海幸彦は漁師で海の魚を釣って暮らしていた。山幸彦は猟師で山の獣を狩って暮らしていた。ある日山幸彦は、お互いの仕事を交換してみたいと提案、嫌がる海幸彦を説き伏せて一日海で漁をする。しかし、慣れぬ道具では満足に収穫できず、しかも海幸彦から借りた釣り針を失くしてしまう。

怒った海幸彦に責められた山幸彦は、失意の中なすすべもなく海辺で佇んでいると、そこに塩土老翁(しおつちのおきな)が現れて、釣り針を探すために海神の宮へと連れていってくれる。そこで海神の娘、豊玉毘売(とよたまびめ)にひと目惚れをされ結婚、3年を楽しく暮らす。その後、望郷の念にかられた山幸彦は、海神の協力により、大きな赤鯛の喉に引っかかっていた海幸の釣り針を無事回収し、帰ることができる。

つまりえびす様の③持ち物は鯛と釣竿と言うのは、この山幸彦の鯛と針と言うわけである。各地に山幸彦、つまり火遠理命が祭神となっている神社があるが、そのご利益を調べてみると、実に守備範囲がえびす様と重なっている。

このようにえびす様は、複数の系統の神と同一視されたために、様々な神格を併せ持った神威の集合体となった。その類稀なる多彩さゆえに、正体不明な神となってしまったのである。


広島の蛭子大祭は、蛭子神社の祭礼として、建立された1603年に始まったとされる



関東は神無月の秋えびす、関西では正月の十日えびすと誓文払い


このように、様々な神威を持つえびす様の祭礼であるえびす講は、あらゆるご利益があるありがたい祭りである。

ただし現在、えびす講が行われる日は、東日本と西日本では異なるので注意が必要だ。関東と中国地方の一部で行われるのは神無月の20日、これは新暦旧暦どちらの場合もあり、関西を中心とした地域では正月の10日に行なわれる。この違いは、すでに江戸時代には存在していた。

1853年に編纂された風俗誌「守貞謾稿(もりさだまんこう)」によると、「正月十日、大阪南今宮戎社詣。(中略)江戸及び諸国にては、十月二十日を戎講と号して、諸商専ら祭之。」と記されている。この当時から西では十日えびすが行われ、東では秋えびすと呼ばれたえびす講が行われていた。

留守番神であるえびす様にお参りするのであるから、神無月の二十日に行われるのが自然な気がするが、えびす様の祭礼としては正月十日に行われた記録の方が古くから存在する。鎌倉時代にはすでに十日えびすの祭礼が行われた記録が残されていて、室町時代の「重編応仁記」にも西宮地域で忌籠祭として十日えびすが行われていたとの記載がある。

では西日本では神無月の20日に何をするかと言えば、「誓文払い」と呼ばれる祭事が行われていた。これは、江戸のえびす講と対比される形で「守貞謾稿」にも記載されている。誓文払いは、元々えびす講の神事のひとつであり、商売人たちが日ごろ儲け過ぎている利益をお客に還元して禊をするというものである。

後年は、遊女たちが手練手管で客達を欺いてきた禊のために神社に参拝したり、商人が日頃の掛け値の高さを顧客に還元するためのバーゲンセールをしたりといったようなことが行われた。

現在、日本各地でえびす講が行われているが、秋えびすは関東の寳田恵比寿神社や恵比寿神社のべったら祭り、十日えびすは関西の西宮神社や今宮戎神社の福男福娘神事などが有名である。えびす様は福の総合商社のような神様である。1回お参りするだけで3倍もの、ありがたいご利益があるかもしれない。


大阪今宮戎神社の祭礼である十日戎では、福娘が縁起物を授けてくれる。「商売繁盛、笹もってこい」の掛け声でも有名



[関連記事]
「鬼門」との正しい付き合い方、日本人が恐れる鬼の正体とは
新年の福を呼び込む酉の市の熊手。その歴史と由来を知ろう
正月の風物詩「福男選び」。”えべっさん”で知られる西宮神社の開門神事とは?
厄年に新築、引っ越しをしても大丈夫?厄除け・厄祓い・厄落としの違いとは
初詣で買ったお札はどこに・どんな向きで貼る?家と神様の関係を探る

出発:

到着:

日付:

時間:

test