大阪、「筋」と「通」の違いは?平安京や平城京とは異なる、大阪”みち”の歴史

LIFULL HOME'S PRESS

大阪、「筋」と「通」の違いは?平安京や平城京とは異なる、大阪”みち”の歴史の記事画像

平安京や平城京だけではない碁盤の目状の街路


都市開発に欠かせない道路計画。
日本初の本格的な都市とされる平城京は、唐の条(東西の路)坊(南北の路)制に倣い、碁盤の目に街路を整備されていた。最北中央に鎮座する平城宮から南の羅城門まで朱雀大路が通されている。朱雀大路の東西には、一坊大路から四坊大路が線対称に配されており、平城宮から南に向かって、一条大路から九条大路が整然と並んでいた。しかし平安京遷都ののちは農地となり、現在は「二条大路」「三条大路」「九条」といった地名に往時を偲ばせるのみだ。

平安京は平城京よりも広くて路の本数も多く、その幅によって大路と小路に区別されていた。そのまちなみはその後も整備保存され、現代でも、京都市内の道路は碁盤の目状になっている。京都に長く住む人なら、「○○通り上ル ○○通り東入ル」と表現される住所を見れば、行ったことのない場所でも迷わずに到着できるのだそうだ。

あまり意識されてはいないが、実は現在の大阪市内も碁盤の目状になっている。
大阪の地下鉄路線図を見ると、南北に走る路線には「御堂筋線」「堺筋線」「今里筋線」と、「筋」が頻出するのに気づくだろう。それぞれ御堂筋や堺筋、今里筋の地下を通る路線で、ほかにも「谷町線」は谷町筋、「四ツ橋線」は四ツ橋筋の地下を通っている。

それでは、と東西を走る路線を見てみると、たとえば「中央線」は中央大通、「千日前線」は千日前通の地下を通る路線、「長堀鶴見緑地線」は長堀通の地下を通って鶴見緑地へ至る路線と、やはり大通りの地下を走るものが多いようだ。
駅は大きな街路近辺にある方が便利だから、その下に地下鉄の線路が走っていても不思議はないが、街路に「筋」と「通」の区別があるのに気づいたのではなかろうか。実は、大阪市内で南北に走る街路は「筋」、東北は「通」と呼ばれている場合が多いのだ。

地下鉄の路線名にはなっていないが、「なにわ筋」「松屋町筋」「今里筋」「都島通」「扇町通」「土佐堀通」などもあり、大阪の街路は「筋」と「通」が交差する碁盤の目状になっているのがわかるだろう。

しかし、大阪が平安京や平城京のように唐を手本にした歴史はない。では碁盤の目状に区画されたのは、いつなのだろう。


梅田と難波をむすぶ大阪の基軸ともいえる御堂筋。梅田側から見ると、まっすぐ南へ続いている



下水とともに整備された大坂のまち


奈良時代には、孝徳天皇の難波長柄豊碕宮(なにわのながらのとよさきのみや)が置かれるなど、古代から都として栄えた大阪。港町で、京都とつなぐ淀川があるほか、熊野や四天王寺に続く街道があったため、多くの旅人が訪れるにぎやかなまちであった。さらに明応五年(1496)には浄土真宗の石山本願寺(石山御坊)が建立され、寺内町ができて、さらに栄えていく。

現在のまちなみができたのは、浄土真宗が石山合戦で織田信長に敗退し、豊臣秀吉が大坂城(秀吉の時代は「大坂」表記が一般的。後世「坂」は土に反ると読めて縁起が悪いと、次第に「大阪」に変化していったと言われている)を築城してからのこと。東に大和川、西に東横堀川、南は空堀、北は大川という広大な大坂城三の丸に諸大名の屋敷を集めて、区画整備したのだそうだ。さらに織田信長の楽市楽座にならって、各地からたくさんの商人が呼び寄せられたから、豪商たちが軒を連ね、「天下の台所」と呼ばれるほどの繁栄ぶりを見せる。

秀吉は、町割りを決めると並行して、下水の計画をたてた。商人たちが密集する船場地域の東西を流れる東横堀川と西横堀川は、そもそも下水のための堀であったのだ。しかし下水が流れ込む堀留めはいつも汚濁してしまうので、木津川に通じる道頓堀川が掘られた。つまり、現在の大阪を流れる川の半分ほどは、秀吉が下水のために掘った川であり、「大坂」のまちなみを語る際にははずせない存在といえるだろう。

秀吉によるまちの開発は、まず大坂城から西へと伸びたようだ。それが反対側の東へも伸びて、その中央に「中央大通」ができる。さらにそれに並行して開発されたまちには、長堀通や千日前通りが敷かれる。このようにして、まちとともに「通」が造られていったのだ。


京都の道が碁盤の目状に通っているのは有名だが、実は現在の大阪市内の道も碁盤の目状になっている。京都とは成り立ちの違う大阪で、このように整備されたのはいつなのか。そして、これらの道に名づけられた「筋」「通り」というのはどういう意味なのだろうか。



目的地へとつながる「筋」


では、南北に走る「筋」はどのようにして生まれたのだろうか。
「筋」は「通」に比べると幅が狭く、大坂城築城当時の計画では、東西の通は4.3間、南北の筋は3.3間と決められていたらしい。脇道的な扱いをされていた「筋」は、基本的には人が集まる場所に向かって伸びていたようだ。たとえば御堂筋は浄土真宗の北御堂と南御堂をむすぶ筋、堺筋は堺への筋といった具合。
そこで改めて主要な筋名を見直すと、秀吉の時代、どんな場所に人が集まっていたか見えてくる。

・四ツ橋筋:四ツ橋は西横堀川と長堀川にかかる上繋橋(かみつなぎばし)・下繋橋(しもつなぎばし)・炭屋橋(すみやばし)・吉野屋橋(よしのやばし)の四つの橋を指す。名所でもあり、店の集まる場所でもあった。
・御堂筋:西本願寺(浄土真宗本願寺)派の北御堂と東本願寺(真宗大谷)派の南御堂は大坂における浄土真宗の大集会所であり、多くの信者が集まった。
・心斎橋筋:心斎橋は繁華街で、遊郭や芝居小屋が集まる場所。
・丼池(どぶいけ)筋:丼池は埋め立てられてなくなったが、戦前までは建具屋や道具屋が密集していた。
・堺筋:舶来品が集まる堺の港は、往古から大変に栄えた。
・天神橋筋:大阪天満宮の門前町として栄えた天神橋界隈は、現在も、日本一長い天神橋筋商店街として当時の繁栄ぶりの名残をみせる。天神橋は浪花三大橋のひとつでもある。
・松屋町筋:松屋町界隈は人形の町のイメージが強いが、江戸時代は菓子問屋が集中していた。
・天満橋筋:天満橋は浪花三大橋のひとつ。葛飾北斎の浮世絵も残るほどの名所であった。

橋を目的地とする筋が多いことからも想像できるように、川の多い大坂の町人にとっては「通」よりも「橋」の方が馴染み深かったのかもしれない。たとえば、上方落語の「米揚げ笊」でも、丼池から天満への道を「丼池筋を北に突き当たり、右に曲がったら栴檀の木橋を通り過ぎ、難波橋を渡ったら天満橋の源蔵町や」と、筋と橋の名だけを使って案内している。


ビジネスの中心地である淀屋橋。昔はこの橋のたもとに淀屋という大店があった



ほかにもある碁盤の目状の街路


ところで、神戸の街路も南北に明石町筋、播磨町筋、浪速町筋……、東西には仲町通、前町通、海岸通……と、大阪と似た構造になっている。港町神戸は、明治時代になってから、外国人居留地区を中心として整備されたまちだが、当初は街路にそのような名前はついていなかったという。後になってから、大阪にならって現在の名称がつけられたのではないかと考えられているそうだ。
また、札幌市街地など、北海道の都市も、街路は碁盤の目状に整理されている。

大阪、京都、神戸ともに碁盤の目状に整備された関西の都市だが、それぞれに歴史が違うのが面白い。路はまちの成り立ちとも深い関係があるから、歴史のあるまちを歩くときは、路の名称や構成にも注意してみたい。

参考資料:清文堂出版株式会社『大阪の町名ー大坂三郷から東西南北四区へー』大阪町名研究会


京都の道が碁盤の目状に通っているのは有名だが、実は現在の大阪市内の道も碁盤の目状になっている。京都とは成り立ちの違う大阪で、このように整備されたのはいつなのか。そして、これらの道に名づけられた「筋」「通り」というのはどういう意味なのだろうか。



[関連記事]
風水都市、京都は想像を超えるほど複雑で綿密な呪法によって創られた都だった
大阪の街が生まれ変わる?「グランドデザイン・大阪」推進中。その内容に迫る
【阪堺電車沿線のまちづくり①】 のんびり走る「ちん電」で、帝塚山・住吉大社をゆく
若者のまち、大阪アメリカ村。若者が集まるゆえの問題と取り組みを聞いてきた
人の道

出発:

到着:

日付:

時間:

test