【武蔵小杉】将軍の御殿の代わりにタワーマンションが建つ

LIFULL HOME'S PRESS

【武蔵小杉】将軍の御殿の代わりにタワーマンションが建つの記事画像

武蔵小杉駅は今と違う場所にあった


武蔵小杉というと現在はタワーマンション街として有名だ。おかげで住みたい街としての人気も上昇し、私の調査でも横浜、川崎市居住で東京都に勤務する人に限ると24%が住みたいと回答し、横浜みなとみらいに次いで2位である。東横線、目黒線、南武線、横須賀線という4線が選べることにより、都心、副都心に直通で行けるのが人気の理由だろう。

タワーマンション街になる以前の武蔵小杉は、戦前から工場街だった。横須賀線と南武線は昔は貨物線であり、武蔵小杉、向河原駅周辺は日本電気などの多くの工場や東京銀行や第一生命のグラウンドなどが並んでいた。

東急東横線の武蔵小杉駅は戦前にはなく、今の同駅の南側に駅があり、駅名を「工業都市駅」(1939年開業。53年に武蔵小杉駅に統合されて廃止された)といい、今の駅の北側の南武線(当時は私鉄の南武鉄道)と交わる駅は「グラウンド前駅」(1927年開業)といったのである。
では武蔵小杉駅はどこだったかというと、南武線の駅として、グラウンド前駅の一つ西の府中街道と交わるあたりにあった。

武蔵小杉駅周辺に住宅地開発が起こったのは、1926年、東急が新丸子に住宅地をつくってからである。27年に川崎―登戸間に南武線ができ、29年に先ほどの第一生命グラウンドができている。33年には小杉陣屋町にサラリーマン向けの住宅地ができた。この年、東急東横線の渋谷-桜木町間が全線開通、その後、郊外住宅地化が次第に進んだようである。

小杉陣屋町とはどこかというと、今の武蔵小杉駅からは遠い。戦前の武蔵小杉駅からも同様に遠いが、それには訳がある。本来南武線は向河原駅から新丸子駅を経由して中原街道のすぐ南を通り、武蔵中原駅方面につなげる計画だった。
しかし昔は鉄道が嫌われていた。蒸気機関車からは煙が出て、煤が飛ぶ。ついでに火の粉も飛んできて火事になることもあるからである。

だから、中央線も最初は甲州街道、次に青梅街道の上に路線を敷こうという計画だったが、地元民の反対に遭い、今のコースとなったのである。同様に、南武線も中原街道近くのコースを諦めて、現在のコースとなったのだ。
そのため、府中街道と交わるところが武蔵小杉駅になったのだろうが、本当ならばもっと中原街道の近くに駅ができていたはずなのだ。


1958年の武蔵小杉駅周辺地図



中原街道の宿場町として栄え、ロンドン、パリのようだと言われた


ではなぜ中原街道沿いに鉄道を通そうと思ったか。それは中原街道沿いこそが、小杉村の中心だったからに他ならない。
中原街道は江戸と神奈川県の平塚を結んでいるが、江戸時代以降、東海道が整備されるまでは、江戸と関西を結ぶ大動脈の一翼を担っていた。そのため、小杉村は宿場町として栄え、川崎でいちばん活気のある場所だった。

徳川家康以降、歴代の将軍もしばしば鷹狩りに小杉村を訪れ、西明寺門前に1608年(慶長13 )将軍徳川秀忠により休憩所として御殿がつくられ、小杉御殿と呼ばれた。今も小杉御殿町という町名があるが、中原街道と府中街道が交わる小杉十字路の東側一帯がそれである。宿場として整備されたのは1673年、宿駅が整備されてからである。
小杉十字路付近は1913年(大正2)に府中街道を溝の口―川崎間を乗り合い馬車が走り、停留所ができるなど、当時は多くの商家、劇場、銀行、宿屋、料理屋などがあり、非常に栄えており、ロンドンかパリかと言われたという。ほんまかいなと思ってしまうが、とにかくそれほどの賑わいだったらしい。


戦前の中原街道の商店(羽田猛『中原街道と武蔵小杉』より)



中原街道の長い歴史


今は、中原街道沿いのほとんどの商家が中規模マンションに建て替わってしまい、かつての面影はない。それでも名主の安藤家、石橋銀行を経営していた原家、中原銀行を経営していた朝山家の邸宅、また原家による石橋醤油店などが残っている。
また、原家の本家は高級なマンションになっているが、陣屋門などが残されており、往時の繁栄を偲ばせている(徳川幕府直轄の代官の住居であり、将軍家か宿泊のために本陣を構えた陣屋は、現在、川崎市多摩区の生田緑地の日本民家園に移築・保存されている)。

話が横道にそれるが、中原街道は小杉から西進すると現在の川崎市高津区、宮前区、横浜市都筑区を縦貫し平塚の中原宿に至る。中原街道としての整備は徳川幕府が行ったが、その道は1590年に徳川家康が江戸入りした際も利用したと言われ、もともとは古代からある古道である。

古道らしく、高津区には国指定遺跡である橘樹(たちばな)官衙(かんが)遺跡群、橘樹郡衙跡がある。現在の川崎市と横浜市の北部はかつて橘樹郡であったが、その郡の役所などがあった場所である(橘という名前が川崎市内にあるとは私は不勉強で知らなかったが、たしかにこのへんに橘小学校、橘中学校があり、武蔵小杉の南東には橘高校がある)。
その西にあるのが影向寺(ようごうじ)。7世紀の創建で、「関東の正倉院」とも言われる関東地方屈指の古い寺であり、橘樹郡の郡寺だったと推測されている。

まったく偶然だと思うが、南武線の南には武蔵野貨物線が横浜の鶴見駅から府中本町駅、さらに武蔵野線で西国分寺を通過して走っている。その線路のほぼ真上に橘樹郡の遺跡があり、それが武蔵国の国府・府中や国分寺のあった場所につながっているのだ。郡衙と国府も古代はなんらかの道でつながっていたはずだから、面白い偶然ではないか。郊外の住宅地とはいえ、住宅地になる前の歴史は長いということを改めて実感させる。


中原街道沿いに今も残る旧家



屋形船で鮎を食わせる料理屋やへちま風呂の料亭


話を戻す。新丸子駅の東側は、多摩川べりの歓楽街としても栄えていた。だからか、今も新丸子駅前は、武蔵小杉とはちがって庶民的でほっとする。昭和らしい喫茶店もある。

多摩川には今は当然堤防があるが、大正9年まではなかった。丸子の渡しの周辺には河原が広がっていて、青木根という90軒からなる集落がそこにあった。船着き場の横には松原通という道があり、それに沿って商店が建ち並んでいた。そのなかに「鈴半」という料理屋兼旅館があった。

鈴半は、屋形船を4艘持っており、客を乗せて船を出し、鮎を投網で取って、七輪で焼いて食わせたという。またナマズの蒲焼きも高級料理として有名であり、東京のお金持ちや会社の接待客が訪れたが、地元の人々はほとんど利用できなかったという。

堤防ができると、青木根の集落は西側に移転したが、商売を辞めた店も多かった。そのかわり新しい店ができたが、その一つが丸子園である。
1924年(大正13年)にできたもので、3000坪の敷地を持っていた。百畳敷きの大広間と大浴場があり、庭には離れが散在していた。

離れにはそれぞれ風呂があり、「へちま風呂」と呼ばれて京浜間に名を知られた。客が着る浴衣がへちま柄であり、みやげには、へちまの形の容器に化粧水を入れたものをくれたからである。
中原街道を東京に向かえば五反田であるが、丸子園は、西郊ではその五反田にあった料亭の松泉閣と双璧であると言われた(松川二郎『全国花街めぐり』)。


丸子園



歴史的景観を再現する


小杉陣屋町、小杉御殿町では2007年から、地元有志か地域の歴史をテーマとした研究会を結成し、街歩きやワークショッフなとを重ね、地区の将来のあり方について検討を行い、街なみつくりを行ってきた。そこで、現在行われている中原街道の道路整備を新たな街なみ創出の機会と捉え、2011年に「川崎市都市景観条例」に基つく「都市景観形成地区」の指定を受け、13年に景観形成の方針・基準を定めた。

今後はこれに基づき、建築の色彩に一定の制限を設け、外壁には、木、石、土等の自然素材を積極的に使用することにより、落ち着いた深みのある雰囲気を作ることを推奨する、特に低層部は、中原街道の歴史的建造物等に見られる「漆喰の白」、「石の灰色」、「土壁の黄土色」、「木の焦け茶色」、「瓦の鼠色」の中からテーマ色を選定し、基調色とテーマ色を組み合わせて伝統的な軸組工法を想起させる配色を行うことにより街なみを整えること を推奨するという。
その他にも、照明、広告、緑化、自動販売機などにも基準を設けて、総合的に良好な都市景観をつくり出す計画だ(川崎市『中原街道 都市景観形成地区 景観形成方針・基準』より)。

人口減少が予測される将来には、住む場所の整備だけでなく、娯楽の場所、自然の豊かさ、そして歴史的街並みなどにより観光客が誘致できることも郊外の将来の発展に大きく関わる。タワーマンション街によって工場街のイメージを一新した武蔵小杉に、歴史を踏まえた街並みができれば、まさに鬼に金棒であろう。

参考文献
羽田猛『中原街道と武蔵小杉』



今後の街並み形成のイメージ(川崎市『中原街道 都市景観形成地区 景観形成方針・基準』より)



[関連記事]
【青梅】映画、多摩川、街中華……。散歩の楽しみが揃っている
【船橋】戦前の高級住宅地と娯楽の殿堂~海神、花輪台、三田浜楽園
【立川】飛行場と米軍基地で栄えた歴史は今も街の遺伝子か? 
新・住みたい街ランキング『あなたにいちばん似合う街』。“街歩きの達人”三浦展氏の鋭い街の分析
三浦展氏による新たな"東京郊外の街歩き"企画 ~対談 三浦展×島原万丈

出発:

到着:

日付:

時間:

test