東京メトロ、虎ノ門新駅の工事に着手 日比谷線・20年供用開始

ジョルダン

虎ノ門新駅(仮称)付近のイメージ(東京メトロ提供)

東京メトロとUR都市機構は8日、日比谷線霞ヶ関~神谷町間に設置する虎ノ門新駅(仮称)の整備工事に着手した。2020年の東京五輪・パラリンピック開催前の供用開始を目指す。

場所は「虎ノ門ヒルズ」の西側、五輪会場と晴海の選手村を結ぶ環状2号線と国道1号の交差点付近。ホームは相対式2面で、20年の供用開始時には暫定の改札口を地下1階に設置する。周辺には銀座線虎ノ門駅につながる地下通路やバスターミナルが整備される見通しだ。

最終完成は22年度の予定で、改札口は地下2階に移設する。






8日の起工式の様子

※画像はすべて東京メトロ提供

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

  

出発:

到着:

日付:

時間:

test