横浜港に京急ラッピングの船 観光地結ぶ「シーバス」

ジョルダン

横浜港に京急ラッピングの船 観光地結ぶ「シーバス」の記事画像
横浜港の主要観光地へ海上からアクセスする「シーバス」に京浜急行電鉄の電車をイメージした船が登場した。今年2月に迎えた京急電鉄の創立120周年を記念。2019年秋に予定するみなとみらい地区へのグループ本社機能の移転をアピールする。

7日から約1年間、横浜駅東口~みなとみらい~ピア赤レンガ~山下公園で運航する。京急電車をイメージした赤とクリーム色の船体で、天井に大きく「KEIKYU」のロゴを描いた。船内は同社マスコットキャラクター「けいきゅん」のステッカーなどで装飾する。

シーバスの運航会社によると、ラッピング船には4回に1回の確率で乗船できる。4月中は毎朝10時10分に横浜駅東口を出発する便から運航する。

京急の担当者は「初めて横浜に来た方にもシーバスに乗って京急のことを知っていただきたい」とラッピングの狙いを説明した。
(最終更新 2018/4/7 10:56)




















横浜駅東口から運航を開始する京急ラッピングの「シーバス」(以下、7日撮影)










シーバスの通常デザイン

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test