陸自隊員を一時連行=南スーダン、政府軍が誤解-防衛省

時事通信社

 防衛省は18日、南スーダンに国連平和維持活動(PKO)で派遣中の陸上自衛隊員5人が物資を購入中、武器を取り締まっていた政府軍に誤って連行されたと発表した。約1時間後に解放され、けがはなかった。同国政府は誤解があったと認め、謝罪したという。南スーダンで陸自隊員が拘束されたのは初めて。

 防衛省によると、陸自隊員5人は現地時間18日午前10時ごろ、首都ジュバ市内の宿営地から南に約1.5キロ離れたビルファムロード沿いの商店で隊員らの衣類を購入中、武器の取り締まりを実施していた政府軍の兵士に尋問を受けた。

 隊員らは武器を携行しており、商店から約4キロ離れた広場に連行されたという。

 連絡を受けた日本大使館が政府軍と協議。5人は午前11時ごろ開放され、宿営地に戻った。大使が南スーダン政府に申し入れを行ったところ、同国政府は「一部兵士の誤解により発生した」として謝罪したという。

 南スーダンに派遣されているPKO要員は身分を保障されており、政府軍による武器取り締まりの対象にならない。 

出発:

到着:

日付:

時間: