東京で桜開花=全国で最も早く-気象庁

時事通信社

東京で桜開花=全国で最も早く-気象庁の記事画像

気象庁が開花を観測した標本木の桜(ソメイヨシノ)=21日午前、東京都千代田の靖国神社

 気象庁は21日、東京都千代田区の靖国神社にある桜(ソメイヨシノ)の標本木が午前10時すぎに開花したと発表した。ソメイヨシノの標本木では今年、全国で最も早い。東京の開花が全国で最も早かったのは2008年以来9年ぶり。

 東京の開花日は昨年と同じで、平年より5日早い。東京都心では今月16日から最高気温が15度を超える暖かい日が続き、20日の最高気温は18.7度だった。1週間から10日程度で満開になる見込み。

 気象庁は標本木で5、6輪以上の花が咲いた場合に開花と判断しており、靖国神社では5輪確認された。民間気象情報会社ウェザーマップが20日に発表した開花予想では、九州や四国から関東の太平洋側では今月末までに開花する所が多いとみられる。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test