交流示す縄文土器=東北影響、沖縄で出土

時事通信社

交流示す縄文土器=東北影響、沖縄で出土の記事画像

出土した亀ケ岡式土器の一部=19日午前、沖縄県北谷町

 沖縄県北谷町の遺跡で出土した縄文晩期の「亀ケ岡式土器」を分析したところ、西日本で作られたことが分かったと、町教育委員会が19日発表した。亀ケ岡式土器は東北地方で多く見つかっているが、沖縄県で出土したのは初めて。町教委は縄文から弥生時代にかけての本土との交流を示す遺物とみている。

 町教委によると、土器片は2003年3月に返還された米軍基地跡地の「平安山原(はんざんばる)B遺跡」で出土した。東北の亀ケ岡式土器と同様に、「工」の字を組み合わせた文様や朱に塗られた跡があった。

 弘前大学(青森県弘前市)の関根達人教授らが分析したところ、文様の微妙な違いや土器片に含まれる物質の特徴から、西日本で製作されたことが分かった。

 関根教授は、東北の亀ケ岡式土器の影響を受けた北陸・中部地方の人たちが移動し、西日本で作った土器が沖縄に運ばれたとみている。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test