台風18号、先島諸島北方へ=16日午後にも九州接近か

時事通信社

 非常に強い台風18号は、13日夕に沖縄・先島諸島の宮古島に最接近した後、北上した。気象庁は、先島諸島では14日午前まで暴風や高波に警戒するよう呼び掛けた。

 18号は、14日午後から先島諸島の北方海上で進路を東寄りに変え、16日午後にも九州に接近する恐れがある。18日にかけては日本列島を縦断し、大荒れになる可能性もあり、注意が必要。

 18号は13日午後7時、宮古島の北北東約60キロの海上を時速15キロで北北西へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。半径150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径390キロ以内が15メートル以上の強風域。

 沖縄県宮古島市の下地島では、13日午後6時50分ごろに最大瞬間風速50.9メートルを観測。宮古島・城辺では同7時40分までの24時間雨量が408.0ミリに上り、この地点の9月の観測史上最多となった。 

出発:

到着:

日付:

時間: