3歳児虐待死で懲役8年=居候の男「一方的に暴行」-東京地裁

時事通信社

 知人女性の3歳の長男を虐待死させたとして、傷害致死罪に問われた永富直也被告(21)の裁判員裁判の判決が13日、東京地裁であり、家令和典裁判長は「無抵抗の被害者を一方的に暴行しており、動機にくむべき事情もない」と述べ、懲役8年(求刑懲役9年)を言い渡した。

 家令裁判長は「被告は身長約192センチ、体重約130キロの体格で、空手や格闘技の経験がありながら約30分にわたって暴行した」と指摘。永富被告の「食事の行儀をしつけたが、うまくできずに腹が立った」との供述については「(女性宅に)居候していたにすぎず被害者をしつける立場になかった」とした。

 判決によると、永富被告は2016年1月、東京都大田区の知人女性のマンションで、女性の長男新井礼人ちゃん=当時(3)=に殴る蹴るなどの暴行を加え硬膜下血腫で死亡させた。 

出発:

到着:

日付:

時間: