台風18号、沖縄で暴風=17日にも九州接近か

時事通信社

 非常に強い台風18号は14日朝、沖縄本島の西の海上を北上した。沖縄では猛烈な風やしけとなっており、気象庁は暴風や高波などへの警戒を呼び掛けた。

 18号は14日、勢力を維持したまま北上し、15日に進路を東寄りに変える見込み。17日午前にも九州に接近する恐れがあり、今後の動きに注意が必要だ。

 18号は14日午前6時、宮古島の北北西約180キロの海上を時速15キロで北北西へ進んだ。中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。半径200キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径390キロ以内が15メートル以上の強風域。

 15日午前6時までの24時間雨量は多い所で、沖縄200ミリ、奄美150ミリ、九州南部120ミリと予想される。14日にかけて沖縄の最大瞬間風速は45メートル、波の高さは9メートルの見込み。 

出発:

到着:

日付:

時間: