玄海3、4号機の審査終了=保安規定など認可-規制委

時事通信社

 原子力規制委員会は14日、九州電力玄海原発4号機(佐賀県玄海町)について、設備の詳細設計を示した工事計画を認可した。3号機の工事計画は認可済みで、事故時の対応手順などを定めた保安規定の変更も同日認可した。再稼働の前提となる審査は全て終わった。

 規制委は、再稼働に向けた最終手続きの使用前検査を11日から3号機で始めており、九電は4号機についても近く申請する。3号機の再稼働は来年1月になる見通し。 

出発:

到着:

日付:

時間: