遺児の財産横領、実刑確定へ=震災で後見人の叔父-最高裁

時事通信社

 東日本大震災で両親を失ったおいの銀行口座から現金約6800万円を着服したなどとして業務上横領などの罪に問われた、叔父で未成年後見人だった無職島吉宏被告(42)=宮城県石巻市=について、最高裁第1小法廷(池上政幸裁判長)は10日付で被告側の上告を棄却する決定をした。懲役6年とした一、二審判決が確定する。 

出発:

到着:

日付:

時間: