加計獣医学部を認可=52年ぶり、来春開設-文科相

時事通信社

加計獣医学部を認可=52年ぶり、来春開設-文科相の記事画像

記者会見で加計学園の獣医学部新設認可を発表する林芳正文部科学相=14日午前、文科省

 林芳正文部科学相は14日の閣議後記者会見で、学校法人「加計学園」(岡山市)による獣医学部新設を同日付で認可したと発表した。同学園の岡山理科大が、国家戦略特区に指定された愛媛県今治市に来年4月、開設する予定。獣医学部の新設は1966年の北里大以来、52年ぶりとなる。

 大学設置・学校法人審議会が今月9日、認可するよう文科相に答申。文科相は「法令に適合していると判断した答申を尊重した。特区の構想に沿っていることも確認した」と述べた。

 獣医学科の入学定員は140人で、獣医師を養成する既存の全国16大学を上回る。このうち20人は留学生の募集枠とする計画だ。

 政府が獣医学部新設の条件としていた「獣医師が新たに取り組むべき分野への対応」などに沿うため、学生は5~6年次で創薬などに貢献する「ライフサイエンス」、家畜越境感染症や人獣共通感染症に対応する「公共獣医事」など3分野から一つ選択し、専門的な科目を学ぶとしている。

 文科省は獣医師の需給を考慮し、獣医学部の新設は原則認めていないが、政府は特区制度の下、広域的に獣医師養成大学のない地域で2018年度に開設する1校に限り、容認することを決定。加計学園は今年1月、事業者に認定された。 



加計学園が建設を進める岡山理科大獣医学部=10日、愛媛県今治市

出発:

到着:

日付:

時間:

test