がんゲノム医療、11病院選定=中核拠点、体制整備-厚労省

時事通信社

 がん患者の遺伝情報を網羅的に調べて最適な治療法を選択する「がんゲノム医療」の本格実施に向け、体制整備を進めてきた厚生労働省は14日、全国7ブロックの中核拠点に11病院を指定する方針を固めた。同日開催の有識者会議が選定し答申した。一般的医療としての普及を目指す。

 各病院は1カ月以内にブロック内で連携する病院をそれぞれ選んで届け出る。4月にがんゲノム医療診療体制が整い、個々の患者に応じた治療方針を決める「がん個別化医療」が始まる。

 中核拠点病院に選定されたのは、北海道ブロックが北海道大病院▽東北が東北大病院▽関東信越は国立がん研究センター東病院、同センター中央病院、東京大医学部付属病院、慶応大病院▽東海北陸は名古屋大医学部付属病院▽近畿は京都大医学部付属病院、大阪大医学部付属病院▽中国四国は岡山大病院▽九州は九州大病院。 

出発:

到着:

日付:

時間: