MX子会社社員が無罪主張=西部さん自殺ほう助-東京地裁

時事通信社

 評論家の西部邁さん=当時(78)=の自殺を手助けしたとして、自殺ほう助罪に問われた東京MXテレビ子会社社員の窪田哲学(45)=休職中=、西部さんと師弟関係にあった青山忠司(54)両被告の初公判が12日、東京地裁(守下実裁判官)であった。窪田被告は無罪を主張し、青山被告は起訴内容を認めた。

 窪田被告は、西部さんが発見時に巻き付けていた重りなどについて、「遺体の発見を早めるためで、自殺をほう助するためではない」と主張した。

 検察側は冒頭陳述で、両被告は、頸椎(けいつい)症で執筆活動が困難になった西部さんから自殺の手助けを依頼され、「尊敬する西部さんの役に立ちたいと受け入れた」と指摘した。

 守下裁判官は両被告の公判を分離。検察側は青山被告に対し、懲役2年を求刑した。判決は30日。

 起訴状などによると、両被告は1月21日、東京都大田区の多摩川で、西部さんの体に重りを付けるなどして入水自殺を手伝ったとされる。

 西部さんは東京大教授などを歴任し、保守派の論客として知られた。窪田被告らとはMXテレビの番組などを通じ、10年以上前に知り合ったという。 

出発:

到着:

日付:

時間: