パラスキーの村岡選手が講演=埼玉県深谷市〔地域〕

時事通信社

 平昌パラリンピックのアルペンスキー(座位)でメダルを計5個獲得した村岡桃佳選手(早大)が、出身地の埼玉県深谷市で講演した。同市は村岡選手に第1号市民栄誉賞を授与しており、村岡選手の後援会設立総会も行われた。

 村岡選手は4歳の時に病気で歩けなくなり、なぜ自分は友人と異なるのか悩んだが、スポーツを始めて車いすで生活する同世代と出会い、明るい気持ちになれたという。「私はスポーツに出会えて良かった、始めて良かったと思っている」と語った。同席した小島進市長は「遠慮なく連絡して深谷に来てほしい。深谷は心のふるさとだから」と語りかけた。

 市は「深谷ねぎ」が名産。村岡選手は冬に帰宅した際の思い出として「窓を開けると畑からネギの香りがする。深谷に帰ってきたと思う」と笑いながら話した。講演会には1000人が参加。会場入り口には村岡選手のメダルが展示された。 

出発:

到着:

日付:

時間: