ユーロ離脱の選択肢、政策伝達メカニズム阻害も=ECB専務理事

ロイター

[マーストリヒト(オランダ) 16日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は16日、ユーロ加盟国に離脱の選択肢を与えれば、ECBの金融政策が伝達される経路が閉ざされる可能性があるとの考えを示した。

同専務理事はマーストリヒトで行った講演で「離脱の選択肢を与えることにより、欧州通貨同盟の金融政策伝達メカニズムが恒久的に阻害される可能性がある」と述べた。

このほかユーロ圏の銀行については、すべてが金融システム全体に及ぼす(システミック)銀行であると考えるべきではないと指摘。「銀行清算をめぐっては、すべての銀行がシステミックであるとのアプローチは捨て去る必要がある」と述べた。

出発:

到着:

日付:

時間: