EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承認

ロイター

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承認の記事画像

12月15日、欧州連合(EU)首脳は、英国のEU離脱(ブレグジット)を巡る交渉について、移行期間や将来の通商関係を協議する「第2段階」に入ることを正式に承認した。写真はロンドンで9月撮影(2017年 ロイター/Tolga Akmen)

[ブリュッセル 15日 ロイター] - 欧州連合(EU)首脳は15日、英国のEU離脱(ブレグジット)を巡る交渉について、移行期間や将来の通商関係を協議する「第2段階」に入ることを正式に承認した。

首脳会議の議長であるトゥスクEU大統領は「EU首脳はブレグジット交渉の第2段階入りで合意」とツイート。「おめでとうテリーザ(・メイ英)首相」とも付け加えた。

メイ英首相はイングランド南部のバークシャーにある自宅の外で「昨年6月の国民投票で決まった円滑な秩序あるEU離脱に向け、重要な一歩となる」と強調。離脱は2019年3月29日になると付け加えた。

ただ、通商関係の交渉に関してはEU首脳らは厳しいものになると予想している。協議は早くとも来年3月以降となる。

ドイツのメルケル首相は「第2段階が始められるのは大きな進展だ」としながらも「これまでの交渉より厳しい作業が待っている」と述べた。

英ポンドは一時、対ドルで上昇したものの、この日は0.8%下落し1ポンド=1.3327ドルだった。

オーストリアのケルン首相は英アイルランド国境の扱いについて、境界を設けずに「英国が単一市場から離脱するというのはあり得ない。小学生でも不可解だと分かる」と釘を刺した。

EU首脳らは英国がEUを離脱して「第3国」になってはじめて自由貿易協定を結べるとの見解を改めて示した。

メイ首相も6月の総選挙で自身が率いる保守党が過半数割れし、求心力が弱まった中での第1段階の交渉だった。

今後は英国の離脱後のあり方について、閣僚間の溝がむき出しになる場面が多くなるとみられる。

伝統的に英国と親密な関係を続けてきたオランダのルッテ首相は「英国の金融部門はEU離脱によってかなり不利な立場に置かれる」と指摘。離脱によって失われる利益をメイ首相は有権者に説明する責任があると述べた。

出発:

到着:

日付:

時間:

test