世耕経産相、東電の福島第2原発廃炉方針を「高く評価」

ロイター

世耕経産相、東電の福島第2原発廃炉方針を「高く評価」の記事画像

6月14日、世耕弘成経済産業相は、東京電力の小早川智明社長が福島第2原子力発電所を廃炉とする方向で検討していると明らかにしたことを受けた会見で、「経営トップが地元の声や福島の現状を受け止めて判断し、方向性を示したことは高く評価したい」と述べた。写真は首相官邸で会見する同経済産業相。2016年8月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 14日 ロイター] - 世耕弘成経済産業相は14日、東京電力<9501.T>の小早川智明社長が福島第2原子力発電所を廃炉とする方向で検討していると明らかにしたことを受けた会見で、「経営トップが地元の声や福島の現状を受け止めて判断し、方向性を示したことは高く評価したい」と述べた。

そのうえで、東電には福島復興への貢献という視点に立ち、関係者とコミュニケーションを重ねながら、廃炉に向けた具体的な検討を進めることを期待するとし、近く経営陣と会い、考えを聴く機会を持ちたいとの意向を示した。

経産省としては「廃炉をしっかりと進めさせる、賠償をしっかりと進めさせる。福島復興への貢献を進めさせるという観点から(東電の)株主になっている」とし、引き続きこの観点から東電をしっかり指導していきたいとした。

出発:

到着:

日付:

時間:

test