NAFTA、数分野で進展=閣僚協議再開へ-メキシコ交渉官

時事通信社

NAFTA、数分野で進展=閣僚協議再開へ-メキシコ交渉官の記事画像

北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉でメキシコの交渉官を務めるギレルモ・マルピカソト氏=20日、ワシントン

 【ニューヨーク時事】北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を担当するメキシコのマルピカソト交渉官は22日までにインタビューに応じ、交渉で新たに4、5分野で「非常に大きな進展」があり、合意に至る可能性があると明らかにした。

 米国、メキシコ、カナダの3カ国は、目標だった5月中の基本合意に失敗。事務レベルで協議を続けてきたが、メキシコのグアハルド経済相は25日にカナダのフリーランド外相、26日にライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と会談する予定で、閣僚協議が再開する。

 マルピカソト交渉官は、規制慣行や腐敗防止など合意済みの9分野に加え、別の9分野でも交渉が進展していると説明。特に4、5分野では著しい進展があり、今後の協議が順調であれば、複数の分野で合意する可能性に言及した。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test