北海道の大停電は政策の行き詰まり 発想電分離をてこに、蓄電池も活用した分散型発電へ

山岡淳一郎 (作家)(News Socra)

発想電分離をてこに、蓄電池も活用した分散型発電への記事画像
 9月6日未明に北海道胆振地方で起きた地震で、北海道全域の約295万戸が停電した。北海道電力のような大手電力会社の管内で広域停電する「ブラックアウト(全系崩壊)」は初めてだ。地震発生時、道内の電力需要は310万kW。その約半分を苫東厚真火力発電所(3基=定格出力165万kW)で賄っていた。 この北電最大の火力発電所が地震でとまり、需給バランスが崩れた。その影響がドミノ倒しのように他の発電所にも及び…

出発:

到着:

日付:

時間:

test