EU、「一方的な」米貿易措置に対抗 G20の共同方針で合意へ

(ロイター)

[ブリュッセル 12日 ロイター] - 欧州連合(EU)加盟国の財務相は13日、米国の貿易措置に対して各国が一致した姿勢を取ることで合意する見通し。米国の措置が「一方的」だと非難し、断固とした対応を支持する。

来週19─22日にアルゼンチンで開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議でのEU方針案によると、このほか、課税の透明性や資金洗浄(マネーロンダリング)に対する世界的な取り組み強化を呼び掛けるほか、2020年までに国際的なデジタル税制改革を推進するとしている。

貿易関連では、「EUはWTO(世界貿易機関)を時代に合わせたものにするための国際的協調を推進する」とし、「WTOに沿わない他国の一方的な措置は拒否する」と強調した。

さらに、「この点から、輸入関税を課す最近の米国の決定は遺憾だ」とし、EUがWTOルールに基づく同等の対応を取るしか選択肢はないとした。

EU当局者によると、同案はEU加盟の28カ国に広く支持されており、13日の月例財務相会合に提案されるという。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

出発:

到着:

日付:

時間: