東京スカイツリーを見上げる生活っていくら!?

(SUUMOジャーナル)

634mという世界一の高さを誇る自立型鉄塔として、いよいよ2012年5月から東京スカイツリーが開業します。その東京の新しいシンボルが誕生するのが、浅草や錦糸町といった繁華街に隣接する押上エリア。 京成押上線、都営地下鉄浅草線、 東京メトロ半蔵門線、東武伊勢崎線の4線が乗り入れる交通の要所です。

駅の周辺には押上通り商店街や中規模のスーパーなどがありますが、元々はのどかな下町の住宅地。地元の人々が遊びに出かける際には浅草や錦糸町へ出向くのが定番でした。しかし東京スカイツリーとともに開業する複合商業施設「東京ソラマチ」により、そのスタイルは一変。食品、雑貨、ファッション用品を扱うショップをはじめ、水族館や映画館まで約310店舗が出店するため、街の買い物事情は一段と快適になりそう。

そんな日本中から注目を集めるスポットで暮らすには、いったいどのくらいのお金が必要なんでしょうか? 恐ろしい金額が飛び出さないかビクビクしつつ、新築、中古、賃貸、それぞれを調べてみることにしました。

まずは、押上駅から徒歩7分の一戸建て「マインドスクェア押上II」をチェックしたところ、3階建ての建物面積86.93~107.03で価格は4680万円~4980万円。スカイツリーの展望を間近で楽しめるバルコニーが付いていながら、東京23区の中では平均的な価格帯です。
さらに駅から徒歩9分、築6年の中古一戸建てなら、建物面積86.63(車庫含む)で3480万円のものも。新築、中古共に売りに出される物件の数は少ないですが、東京で一戸建てを求める方にとっては手の届く価格帯なのではないでしょうか?

また駅から徒歩10分の新築マンション「パークホームズ押上」を見ても、建物面積65.08~79.32で価格は3470万円~5690万円。情報サイト「SUUMOみんなの街」によると、中古物件の平均データは建物面積60~70で、築12年、駅から徒歩5分、価格は3636万円という感じ。注目を集めるエリアながら、現時点では価格はそこまで上昇しておらず、今が購入のチャンスと言えそうです。

さらに賃貸なら、ワンルームマンションの平均相場が月7万円とリーズナブル。地方から上京する際には、新しく誕生する東京のランドマークの下で、新生活を初めてみるのも良さそうです。2K、2LK、2DK、2LDKの平均相場も月9万円なので、新婚さんや同棲を始めるカップルにもオススメできます。

東京スカイツリーの誕生とともににぎわいを見せる押上エリア。まずは観光がてら、下町ののどかな雰囲気を体験してはいかが? きっと住みたくなるはずです。

※記事内に表記のある物件の概要については、SUUMOでご確認ください。また、物件は完売となっている場合がございます。ご了承ください。

【住まいに関する関連記事】

家は「買う」or「借りる」? コストとメリットを比較
マンション価格推定サイトが続々オープン。どう使えばいい?
管理費に町内会費が含まれているのはなぜ? 退会できる?
建て替え後も9割の住人が再取得を決意。築61年の分譲マンション「四谷コーポラス」とは
「中古マンション」「空き家」「事故物件」…5つのキーワードで2017年不動産市場を振り返る
住まいに関するコラムをもっと読む

出発:

到着:

日付:

時間: