80年代以降、軽から小型車に進出 【軽を極めたスズキ自動車の100年(下)】得意の軽はワゴンR、ハスラーなどヒット

岩城 諒 (経済ジャーナリスト)(News Socra)

【軽を極めたスズキ自動車の100年(下)】得意の軽はワゴンR、ハスラーなどヒットの記事画像

ワゴンR

 2020年3月に創立100周年を迎えたスズキにとって、1980年代は2ストロークエンジンから4ストロークエンジンへ世代交代するとともに、軽自動車だけでなく小型車も本格的に生産するメーカーに転身する節目の時代だった。 構造がシンプルな2ストは安価で高出力なエンジンだったが、燃費や排ガス規制では不利で、世界の自動車メーカーのエンジンは、1980年代にほぼすべて4ストになった。日本の自動車メーカーで最後まで2ストにこだ…
test