湧き出た「敵基地攻撃能力」保有論の馬鹿げた欠陥 【軍事の展望台】イージス・アショア配備計画の停止で、元の計画に戻っただけ

田岡 俊次 (軍事評論家、元朝日新聞編集委員)(News Socra)

【軍事の展望台】イージス・アショア配備計画の停止で、元の計画に戻っただけの記事画像

建造中のイージス艦「はぐろ」(2019年7月)=CC BY-SA Hunini

 河野太郎防衛大臣は6月15日、イージス・アショア配備計画の停止を発表、24日に国家安全保障会議はそれを確認した。 これに対し自民党内では「北朝鮮の弾道ミサイルに対する防衛網に穴があく」との反発が出て、それに代わり、「敵基地攻撃能力」の保有が論じられている。 だが、この論は「どうやって敵のミサイルの位置を知るか」というもっとも肝心な視点が欠けている。敵のミサイルの位置、どうやって知る? 偵察衛星で北…
test