過去のものとなった、英国の中国贔屓 中国の対イギリスへの措置に厳しさ際立つ 期待立ち消えの報復か

俵 一郎 (国際金融専門家)(News Socra)

中国の対イギリスへの措置に厳しさ際立つ 期待立ち消えの報復かの記事画像

CC BY-ND Foreign and Commonwealth Office

 2015年10月、習近平国家主席が英国を国賓として訪問、バッキンガム宮殿に宿泊するなど最大限の歓待を受けた。 あとでエリザベス女王から「中国訪問団はとても失礼だった」ときっぱりと批判されるというおまけつきではあった。しかし、中国びいきで知られたオズボーン財務相(当時)は「英中関係は黄金時代に突入した」と自画自賛した。 中国がアジア、中近東、アフリカでの影響力を強めるために設立したアジアインフラ投資銀…
test