強権手法、「あえて挑んだ」と評価の読売、分断生んだと毎日 【論調比較・安倍退陣】「成果」は安保法制とアベノミクスで一致、評価は割れる

岸井 雄作 (ジャーナリスト)(News Socra)

【論調比較・安倍退陣】「成果」は安保法制とアベノミクスで一致、評価は割れるの記事画像

Reuters

 安倍晋三首相の突然の辞任表明に、大手紙は一斉に、1面の編集幹部の囲みの署名記事(通称「論文」)や社説で論じた。 安倍政権の「レガシー」(遺産)と評価するかは別にして、「実行したこと」は、特定秘密保護法、集団的自衛権の行使を可能とする安保法制、テロ等準備罪(共謀罪)の制定と、アベノミクスと称される経済政策だ。 前の3件は、国民の知る権利、憲法9条などとの関係で反対も根強く、強行採決で成立し、内閣支…
test