安倍長期政権が生んだもの、歪めたもの 【舛添要一が語る世界と日本(53)】「浅薄な時代」の象徴、安倍政権の退陣

舛添 要一 (国際政治学者)(News Socra)

【舛添要一が語る世界と日本(53)】「浅薄な時代」の象徴、安倍政権の退陣の記事画像

CC BY-SA Adam Jones, Ph.D. - Globalj Photo Archive

 8月28日、安倍首相は持病の潰瘍性大腸炎の悪化を理由に辞任を表明し、7年8ヶ月にわたる長期政権に幕を閉じた。 私は、2007年夏の参議院選挙で自民党が大敗した後、第一次安倍改造内閣に厚労大臣として入閣したが、そのときも安倍首相は今回と同じ理由で突然辞任した。私は、その後継の福田、麻生内閣でも留任したが、2009年夏の総選挙で民主党に政権を奪われた。 2012年12月の総選挙で自民党は政権を奪還し、第二次安倍内閣…
test