中国「発展利益」擁護を柱にした改正国防法が1日施行 【世界を読み解く】 対外軍事力行使への改正か

井出 敬二 (ニュースソクラ コラムニスト)(News Socra)

 中国は1月1日から改正国防法を施行した。1日夜、中国海警局の船4隻が沖縄尖閣諸島の接続水域に進入したが、中国海警局も改正国防法の明文規定により習近平中央軍事委員会主席から指導を受ける。 今回の法改正は習近平主席の「強軍思想」を反映させた。中国が自国の「利益」を広くとらえ、海外への中国軍の展開もいとわない姿勢もより強く打ち出した。「発展利益」というあいまいな言葉も新たに盛り込まれたが、これは懸念をよ…