中国共産党100周年の今年 スローガンは「新発展理念」 【近藤大介の自著を語る】要は「習近平の共産党に変えていくので、ついて来い」

近藤 大介 (ジャーナリスト)(News Socra)

 「習近平主席が倒れた?」「脳腫瘍の手術をした?」「北京の301病院に入院中?」……。年末から年始にかけて、日本で様々な噂が飛び交った。 少なからぬ人が私に真偽を聞いてきたが、そんなこと分かるはずもない。前首相が「私は潰瘍性大腸炎です」などとあっけらかんと語っていた日本と異なり、中国では最高指導者の健康状態は、トップ・シークレットだからだ。 ただ、年末から年始にかけて、習主席の「露出」が減ったの…