日本のワクチン体制、欧米に大きく後れ 【医学者の眼】接種の遅れにはデータ分析できる効用も

中島 正治 (医師、元厚労省局長)(News Socra)

 ようやく、我が国でも新型コロナワクチンの接種が始まりました。 米国ではすでに2か月前から始まっており、なぜそんなに遅いのかなどの声もあります。 一方で今回のワクチンが、遺伝子を利用した初めての製剤であることもあり、また十分な期間の評価を経ていないのではないかなど、その安全性についての懸念の声も聞かれます。 これまでのところ、開始した各国では重大な副反応なども多くはなく、順調に接種が進んでいるよ…