みずほの全銀協会長就任はスキップ 3か月後に三井住友トップが前倒し就任で調整 システム障害の責任免れず、坂井氏の進退問題に波及も

ニュースソクラ編集部(News Socra)

 2月末以来の4度にわたるシステム障害の影響で、みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長の全国銀行協会会長への就任を2021年度は見送ることで調整が進んでいる。坂井社長が4月から1年間、全銀協会長を務める予定だった。3月17日の会見で坂井氏は「当面は就任しない」としていたが、完全に見送りの公算だ。 全銀協会長はメガバンク三行トップが1年交代で務めている。4月の新年度入り以降も現在会長の三菱UFJ銀行の三毛兼…