福島原発の処理水 トリチウム除去の技術開発も 【緑の最前線(92)】突然ではなかった海洋放出

三橋 規宏 (経済・環境ジャーナリスト、千葉商科大学名誉教授)(News Socra)

 菅政権は先週、東京電力福島第一原発の処理水を海洋放出する方針を決めた。東京電力は原子力規制委員会の認可を受けて2年後をメドに放出を始める計画だ。風評被害が起きた場合は東電が被害の実態に見合った賠償をする。 第一原発で発生する汚染水は多核種除去設備(ALPS)で多くの種類の放射性物質が除去されるが、三重水素と呼ばれるトリチウムだけは化学的に水素と同じ性格を持ち水の形で存在するため、ALPSでは取り除くこ…