日本経済 ますます回復が遅れている 【木内前日銀政策委員の経済コラム(96)】コロナ前に戻るのは2023年後半にずれ込み

木内 登英 (前日銀政策委員、野村総研エグゼクティブ・エコノミスト)(News Socra)

 6月8日に内閣府が発表した2021年1-3月期GDP統計・2次速報値で、実質GDPは前期比年率-3.9%となった。一次速報値の同-5.1%から上方修正となったものの、マイナス成長は変わらない。国内最終需要は、実質住宅投資を除けばすべて前期比マイナスであり、内需総崩れの感がある。 一次速報値では、実質設備投資がマイナスとなったことが予想外であった。今回の二次速報値でも前期比-1.2%と、引き続きマイナスだ。輸出が回復基…