無謀すぎたアフガン戦争 ソ連の前例に学ばず 【軍事の展望台・アフガン撤退(上)】9.11前からアフガンとは戦争状態だった

田岡 俊次 (軍事評論家、元朝日新聞編集委員)(News Socra)

 8月30日米軍はアフガニスタンからの撤退を完了。20年間続いた戦争はタリバンの勝利で終了した。 ソ連は1979年12月、当時アフガンの29州中21州を支配していたイスラムゲリラを制圧し、アフガンの社会主義国政権を守ろうとしたが苦戦の末に89年2月に撤退を完了した。ソ連の共産主義政府は東欧支配と国内統治の要だった軍事的威信を失い、東欧諸国の離反、国民の信頼喪失を招き、撤退からわずか2年10カ月後…