イスラム原理主義に固執、資金源は教義が禁じるケシ栽培 【舛添要一が語る世界と日本(107)】タリバン新政権で、アフガニスタンはどういう国になるのか

舛添 要一 (国際政治学者)(News Socra)

 アフガニスタンでは、タリバン政権の骨格が固った。 ハッサン・アフンド師が臨時首相、アブドル・ガーニ・バラドル師が臨時副首相に就任した。 また、シラジュディン・ハッカーニが臨時内相だが、彼はアメリカがテロ組織に指定する組織に属し、FBIが指名手配中の人物である。女性は閣僚になっていない。さらには、タリバン以外の勢力は含まれていないし、旧政権の幹部も排除されてる。これは、自ら記者会見して約束したこと…