北朝鮮のミサイル連射「突然の挑発外交に内外要因」 【近藤大介の東アジア展望】中国の北朝鮮専門家に聞く、韓国のSLBM成功や北朝鮮軍の緩みなど

(News Socra)

 「今年3月25日以来、およそ6ヵ月ぶりの弾道ミサイル発射は、わが国と地域の平和と安全を脅かすもので、言語道断だ。国連安保理決議にも違反しており、厳重に抗議するとともに、強く非難する。アメリカや韓国をはじめ関係国と緊密に連携し、国民の命と平和な暮らしを断固として守り抜いていく」 9月15日午後12時半頃、北朝鮮が日本海に向けて、弾道ミサイルを発射した。すぐに菅義偉首相が、冒頭のように怒りを込めて…