『歩きスマホ』 他者目線失い人間の愚かさ映す  【現代要語の基礎知識(13)】「みんなやっている」が免罪符に

ゾルゲかわはら (コラムニスト)(News Socra)

 若い頃からせっかちで歩くのが速いせいか、街中は障害物競走さながらだ。このところの最大の障害物はうつむいたまま、ゆるゆると接近してくる「歩きスマホ」の面々。 先方は自分の視界に入った段階でよけるつもりなのだろうが、当方の速度はフツーの1・5倍だからクラッシュ寸前になることもしばしばだ。こちらで進路を譲るたびに「なぜ俺がよけなければいけないのか」と少しイラっとする。 もちろん文句を言ったことはない。…