国連食料サミットに3つの亀裂 【農を考える】800を超える農民団体や環境保護団体が直前にボイコット

山田 優 (農業ジャーナリスト)(News Socra)

 農業や食生活の改革をテーマにした国連食料システムサミットが、9月下旬にオンラインで開かれた。 2030年までに持続可能な開発目標を達成するため、食品ロスの削減や環境保全型農業への転換を求めた。政府や企業、団体などが多額の支援や行動計画を約束。グテレス国連事務総長は、新型コロナウイルスの世界的流行で準備が困難を極めた中でも「対話を通じて各国は企業、コミュニティー、市民社会を集めて食料システムの未…