岸田自民の公約「敵基地攻撃力」の愚かさ 【軍事の展望台】地下や遠くに逃げる方がよほど現実的

田岡 俊次 (軍事評論家、元朝日新聞編集委員)(News Socra)

 今月31日の衆議院選挙を前に岸田首相は華やかな公約を掲げているが、その1つに「相手国領域内で弾道ミサイルを阻止する能力の保有など抑止力の向上」が入っていることは、軍事問題に対する現実的な思考の欠如を示すものとして慨嘆を禁じ得ない。 他国がいままさに日本に対し弾道ミサイルを発射しようとしている際、それを破壊することは自衛権の範囲であろうし、弾道ミサイルが一斉発射された場合に、それらをすべて上空で…