『全否定』 与野党のけなし合い、派手だが支持層固めの守りの手法 【現代「要」語の基礎知識】カギ握る無党派層から見放されないか

ゾルゲかわはら (コラムニスト)(News Socra)

 4年ぶりの衆院選は早くも終盤戦。解散から投開票までの期間が短いためか、与野党の候補者たちは舌鋒鋭く相手陣営を批判する。自民党候補者の得意なフレーズは「悪夢のような民主党政権」。 一方、立憲民主を中心としたリベラル勢力は「アベ政治を許さない」から始まって「コロナ無策」「腐敗継承政権」。お互いがお互いを「全否定」する闘いだ。 安倍晋三さんは首相当時、モリカケ問題での自身に対する批判を「印象操作」だ…