裸の王様エルドアン、20%インフレなど経済は窮地 【経済着眼】支持率低迷 経済界も離反の兆し それでも強権乗り切りも

俵 一郎 (国際金融専門家)(News Socra)

 独裁政治を続けてきたエルドアン大統領は、通貨急落、高インフレの中での利下げを強要するといった経済失政のせいで、失業の増大などトルコ経済の急速な悪化をもたらした。同大統領は、首相時代から通算すると20年近くトップとして君臨してきた。 すなわち首相として2003年3月から10年強、憲法改正により全権を掌握する大統領として2014年8月から現在までつとめている。しかし、経済の悪化を主因に国民の支持率が低下、再来年2…