トヨタ 高速に乗れず2人乗り「超小型EV」個人販売 【クルマが好き】出光興産も参入  2022年に超小型EV市場は拓けるのか

岩城 諒 (経済ジャーナリスト)(News Socra)

 トヨタ自動車が超小型の電気自動車(EV)「C+pod(シーポッド)」を2021年12月23日から、全国の個人ユーザー向けにリース販売を始めた。 C+podはトヨタが開発した2人乗りの近距離移動専用の超小型EVで、2020年12月25日から、一部の法人や地方自治体などに限定販売していた。今回、トヨタは「より多くのお客様に商品を提供する体制が整った」として、一般ユーザー向けにも販売する。ただし、リース販売に限り、「料金プランは…